スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2014年04月27日

新人歓迎山行・四王寺山

4月27日(日) CL:下河さん、SL:井上さん、新人さん:権藤、滝石さん、計24名で
新緑の四王寺山を楽しみました。
 大宰府政庁跡から、新緑の宝満山、四王寺山を望む。




縦走路に出る。


県民の森センターはシャガの花やシャクナゲなどが満開。








柏の新芽

                             



焼米が原で昼食。フジの花、ムベの花が満開


1400年前の唐、新羅に備えた武器庫、食糧庫。


下山口のメタセコイア(数億年生きてきた針葉樹)



政庁跡に下りてきました。                                                                        




反省会も楽しかった。

  


Posted by 良き山に良き友あり at 18:25Comments(0)ハイキング・縦走

2014年04月21日

台湾最高峰 玉山登山 と 台中・台北5日間

  4月16日~20日 みどる山の会の仲間13名で台湾最高峰の玉山(3952m)に登りました。

16日 福岡空港(10:10)~台北空港(12:30)~阿里山(18:00) 阿里山賓館泊
17日 阿里山(7:20)~タタカ登山口(9:20)2680m~排雲山荘(15:25)3402m 山荘泊
18日 排雲山荘(2:50)~玉山山頂(5:25~6:00)3952m~排雲山荘(7:30~8:30)~タタカ登山口(12:30)~台中(16:40) 兆品酒店泊
19日 ホテル(8:00)~台中市内観光(宝覚禅寺)~台北市内観光(中正記念堂・龍山寺・孔子廟・・夜市) 六福客桟泊
20日 ホテル(8:30)~故宮博物館・忠烈祠・買物・市場・公園~台北空港(17:25)~福岡空港(20:35)  
 登山の2日間は完璧な晴天に恵まれ、玉山登頂と同時にご来光が始まり、皆感激して歓声をあげました。
「みどる山の会の歌」の歌声を山頂に響かせ、朝日を浴びて反対側の山肌に映る玉山の影に驚き、見渡す限りの山々の景観を堪能しました。明るくなって下山する時は、こんなに険しい所を登ったのか、と思いながらでしたが、登山道はよく整備されており、山岳ガイドの方のリードのおかげでメンバーの足並みも揃っていました。
 台中・台北の観光も、ガイドさんの説明が分かりやすく、身近な国なのに初めて知る事が多くてとてもいい勉強になりました。
CL、SL、メンバーの皆さん、大変お世話になりました! 初めての海外登山がこんなに最高の好天に恵まれ、ラッキーでした!!


16日 台北空港に到着

阿里山へ向かう途中 リンドウやしの林が続く 亜熱帯気候

16日の宿 阿里山賓館 立派なホテルでビックリ


夕食も豪華

夜、明日の行動予定についてのミーティング みんな真剣


17日 登山口への途中にある樹齢2700年の紅檜神木 

いよいよタタカの玉山登山口 背景の山並み左端に玉山が見える 出発前

9:20 今日の目的地 排雲山荘に向けて出発 8.5kmの行程

登山道は良く整備されている

休憩所も設置されている

白いシャクナゲが満開で、登山者を歓迎してくれているよう

山並みがくっきりと青空に映える まだまだ遠い

頑張りま~す

薄いピンクのシャクナゲも

暑いので、ズボンを膝までまくり上げてます

12:30 昼食 休憩所のテラスで 玉山が少し近づいたよう

登山道にはトイレも2ヵ所設置されていた

まだ道のりは半ば 加油(ジャーヨウ)頑張って! 台湾の登山者と声を掛け合う

あと1.5km   辛苦了(シンコーラ)お疲れ様! 謝謝(シェシェ)有り難う!

高度3000mを超えると杉の大木の林が続く

15:25 ようやく排雲山荘到着! 嬉しい~



玉山を背景にテラスでほっとする 高度3402m まで6時間、お疲れ様!

山荘は昨年秋に新築されて綺麗  食堂での夕食は質素でもありがたい

夕食後にテラスで「北国の春」などを合唱♪ 山岳ガイドの林(リン)さんも一緒に

夕映えの玉山 明朝早いので、6時半には就寝した

18日 2時起床 2時半朝食 おまんじゅうと温かいスープ

2:50 ヘッドランプを付けて出発 2.4kmの行程

標識の残りの距離が少なくなるのを励みにひたすら登る


太い鎖 とても頑丈


あと少し!

最後の一登り だいぶん明るくなってきた

5:25 山頂に着くと同時に太陽が昇り始める ご来光に感激!!

CLの小西さん ご来光をバックにすてきなシルエット

朝日に染まる 玉山山頂の標識

歓喜溢れる記念撮影

朝日を受けた玉山の影が反対側にくっきりと


6:00 下山前に さようなら 玉山山頂 感激を有り難う!

下山中右手に 玉山北峰 がくっきりと

険しい崖をつくる石の説明か?

登りは約2時間半 下りは1時間半 山荘も近い

7:30 排雲山荘到着~軽食(ラーメン)~8:30 出発


昨日は気付かなかった馬酔木の花

タタカ登山口近く 車が待っている! 約4時間の下山も長かった~

12:30 昨日と同じ登山口で、ヤッター! 達成感溢れるポーズ

下山後 昼食時に乾杯 リーダーさん 有り難うございました!

山岳ガイドの徳永さん お世話になりました!

19日 台中観光 宝覚禅寺 布袋様像の前で

戦前台湾で亡くなった日本人の供養塔 今もお花が供えられている

台北観光 ① 中正記念堂(蒋介石)

衛兵交代

広大な敷地

台北観光 ② 龍山寺 仏教・道教の最古の寺

ものすごい人出 皆一心に願い事をしている おみくじを頂くのも大変

台北観光 ③ 孔子廟 論語が書かれた石柱

リスが木から駆け下りて また駆け上って行った

孔子廟入口前で

台北観光 ④ 台北夜市 大変な人ごみ はぐれないように必死に付いて行った

20日 台北観光 ⑤ 故宮博物院 建物の中は撮影禁止

台北観光 ⑥ 忠烈祠 衛兵交代 小雨の中観光客も傘を差して追いかける


台北観光 ⑦ 市場 新鮮な魚も並んでいた


台北観光 ⑧ 公園 戦前の台湾総督 明石元次郎さんを祭る 鳥居と碑

同じ公園 背景は台湾のツァーガイド呂さん(中央)のマンション お世話になりました!




 









  


Posted by 良き山に良き友あり at 15:38Comments(3)ハイキング・縦走

2014年04月20日

小岱山・地区協・事故ゼロ研修会

4月19~20(土、日) CL:本多、SL:中村 計10名の参加でした。
他会はRKAC:14名、久留米:4名、山嶺3名、福岡労山2名の総計33名
講師は星と焚き火の木下育美さん。
 玉名市の小岱山麓の丸山公園は設備・環境がなかなか良い。
4個のブルー・シートで素敵な大型フライが設置されているのにビックリ


焚き火のおこしかたの秘伝を習う。ガムテープが着火剤。あっという間に火が起せた。

緊急時のツエルトの張り方も納得。風上にザックを置いてその隣が登山者。

焚き火で炊いた飯盒のご飯は(木下さんお勧め)とっても美味しい。
アルミホイルで包んだ鶏肉、ウインナー、も焚き火の傍で焼くと美味しい。
各会、焚き火の傍で盛り上がります。



小雨が降ってきたので、ツエルト泊はおまかせで各自ビバーク。ツエルトは中々良い。

朝食は一晩残した残り火でお湯を沸かして、カップライス、味噌汁、めざし、とっても美味しかった。


撤収中


ミツバツツジやフジの花


ハイクで難場を通過する場合のロープ対応を指導してもらう。





コンテ(スルー型)の実技講習だが、半数の参加者はついていくのがやっと。
簡易ハーネス、肩がらみ確保など実戦的だが、みどるはかなり練習しないと実際に使うのは
危ない。要するに木下さんとレベルが格段に違う。しかし少しづつ身に着けていきましょう。
例会でのワンポイント・アドバイスなどで、少しづつ紹介していきます。







  


Posted by 良き山に良き友あり at 16:59Comments(0)ハイキング・縦走

2014年04月06日

名残雪の宝満山・新人体験山行

4/6(日) 寒の戻りの中、新人さんの体験山行でした。
CL:月貫さん、SL:本多さん、新人さんは時井さん、半田さん、計21名。
堤谷の登山口は新しい寺院が建設中。


雪の中のまむし草と椿の花

山桜




雪の中のヒラタケ



山頂付近のショウジョウバカマの群落


山頂の気温は2℃、粉雪が降りだした。


コブシの花が多い。三郡縦走路を遠望する。


クロモジの黄色の花

うさぎ道を下山する。最後尾は20代の山ボーイ。若いですね。


いつもの「タラノメ農園」での収穫。                                                                  

下山路の花桃


赤色のマンサク

ミツマタ
                               モミジの新芽

カマド神社に戻ってきました。山吹の花が満開


しだれ桜


珍しい黄色の桜


恒例の新人さん歓迎の春の宝満山を楽しみました。



  


Posted by 良き山に良き友あり at 16:27Comments(1)ハイキング・縦走

2014年04月02日

春爛漫の箱根街道を歩く

5年に1回の同窓会、今年は関東で3/31~4/1に実施。
健脚組?は箱根関所跡から奥湯本温泉までの旧東海道を
を歩く。
 


富士山を見るポイントはあまりなかった。


立派な400年前の石畳の広い道を歩く。



奥湯本温泉に近づくと百花繚乱。標高は300mほどあるが、温泉の地熱のためか開花が早い。
なんとミツバツツジが満開。


桜も見頃


なんと西洋シャクナゲも満開


ピンクの馬酔木

再びサクラ


牡丹

花桃

紫モクレン


最後はしだれ桜


花に酔い、酒に酔い、温泉にゆったり浸かりました。
 おまけは満1歳の裕恵


次の同窓会は3年後。





  


Posted by 良き山に良き友あり at 19:02Comments(1)ハイキング・縦走