スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2014年05月29日

四国 三嶺山~剣山縦走 2014.5/22~5/25

 みどる山の会の仲間7人と四国の「三嶺山~剣山縦走」に行きました。快晴に恵まれて、素晴らしい展望を楽しむことができました
5/22 21: 20 高松行夜行バス「さぬきエクスプレス」福岡号にて出発 
5/23 7:00 善通寺下車 讃岐うどんの朝食 ~ 大歩危峡遊覧船 ~ 12:00 名頃登山口 ~ 15:50 三嶺ヒュッテ到着  <約4時間>
5/24 5:10 三嶺ヒュッテ ~ 5:25 三嶺山頂 ~ 7:55 白髪避難小屋 ~ 10:15 高ノ瀬(昼食)10:42 ~ 12:13 丸石 ~
     13:50 次郎笈 ~ 15:05 剣山頂 ~ 15:20 剣山頂ヒュッテ到着                              < 約10時間>
5/25 6:45 剣山頂上ヒュッテ出発 ~ 7:27 一ノ森ヒュッテ ~ 9:00 刀掛けの松 ~ 9:10 大剣神社 ~ 10:50 見ノ越登山口到着
11:00 ラフォーレ剣山にて入浴、昼食~ JR、新幹線にて ~ 19:19 久留米到着                     <約4時間>   


「さぬきエクスプレス」号 福岡天神から出発

吉野川の上流 大歩危峡 遊覧船乗り場


乗船前に集合写真

黒い川鵜?が岩鼻に

峡谷の空を泳ぐコイノボリを見上げる

名頃登山口で待っていてくれたカカシさんたち

さあ、いよいよ出発!高度900mから1000mを登り上がる

ダケモミの丘 木漏れ日とさわやかな風

明日登る剣山が見えてくる

三嶺ヒュッテ近くの水場で、一人2リットルの水を汲む

もう少しだ!


到着の鐘が嬉しく響く 

 5・24 三嶺山頂1893m ヒュッテで同宿した写真が趣味の方に取っていただく、構図もさすが~

2時間ほど歩くと、後にしてきた三嶺山がくっきりと見えて感激!

三嶺山がどんどん遠くになっていく

ミツバツツジがきれいに咲いて迎えてくれた 九州よりかなり遅いですね

出発して7時間、丸石山への尾根に登りあがると、目の前に次郎笈、太郎笈(剣山)が現れて感激!

皆さん喜んでカメラを向けています

次郎笈山頂にて 大勢の登山者で賑わっていた

次郎笈山頂から剣山への登山道 優しくなだらかな道に見えますが、ここから1時間かかりました。

次郎笈を出発

朝出発した三嶺山からの約10時間のルートを振り返って胸が一杯になる

剣山山頂 1955m 17kmの行程を無事に踏破してほっとする

実は、到着時15時頃バッテリー切れで、これは19時頃 日没前夕日に照らされて


雲が次郎笈への登山道を乗り越え、滝のように流れ落ちる

雲海に浮かぶ三嶺山頂と夕日

剣山頂上ヒュッテでの夕食 乾杯!!

剣山本宮 岩がご神体

ご神体の岩 鳥居の裏側


 5.25 剣山頂上ヒュッテ前にて 最後の一日 出発

頂上ヒュッテの2代目 新居綱男さん お世話になりました

鹿よけの防護ネット 登山道のいたるところに 

昨日登った次郎笈が木立の向こうに見える

今日の目的地 一ノ森山頂 1879m

休憩した一ノ森ヒュッテを後にする

可憐な高山植物が

行場を目指す

鹿よけのテキサスゲイトが何か所もあった

剣山の固有種キレンゲショウマは、8月上旬に咲くそうです、また来たいなぁ

刀掛けの松

大剣神社 迫力のあるご神体の岩

ご神水 若返りの水 とても美味しく、皆お土産に

剣山登山リフト西島駅

西島から神域に入る鳥居 を後にして見ノ越登山口へと下る

剣山、次郎笈も見納め


見ノ越登山口にある大剣神社に到着

登山口近くの ラフォーレつるぎ山 ここでゆっくり入浴して昼食

最後の乾杯、お疲れ様でした!楽しい山行を有り難うございました!!

























                
        


Posted by 良き山に良き友あり at 16:00Comments(0)ハイキング・縦走

2014年05月25日

新緑の横才山、水上越、上福根山、稜線漫歩

 5/24,25みどる登山学校
峰越→白鳥山→横才越→水上越→山犬切峠→山犬切→上福根山
ルート・ファインディング、地図読み、ビバーグ、焚き火などの総合実践
 白鳥山の山シャクヤクは終わりかけ。4月下旬がよさそう。



鹿が歓迎してくれました。とっても鹿が多い。                                                           

横才、水上越、七遍巡は山シャクヤク、コバイケイソウ(小梅勁草)、トリカブトの大群落が続く。






                               縦走路はドリーネ(石灰岩が雨水で溶けて蟻地獄のようになっている)が沢山ある。
 うかつに入ってはいけません。


水上越えから球磨川源流を望む

七遍巡りへの登り


テント場でツェルト村を作る。

写真を撮りそこなったが、夕食は飯盒炊飯。4月木下講習会の復習実践。                                          ポイントは ①着火剤はガムテープ、②片持ちで飯盒つるす、③炊けたら3分飯盒を水につける。
忠実に守ったら美味しくできました。

上福根山は予想外に花が沢山残ってました。ミツバツツジ、シャクナゲ、



上福根山からの大展望。市房連峰、大国見山、霧島連峰

岩宇土山                                                                                







次は4月(山シャク満開)か6月(コバイケイソウ満開)、10月(ナナカマド紅葉)などにテント泊を
企画してみたいですね。

  


Posted by 良き山に良き友あり at 21:07Comments(2)ハイキング・縦走

2014年05月11日

新緑の日向神・三点支持教室

 5月11日(日) 講師6名、受講生12名の計18名で中身の濃い
研修を行いました。
 日向神の花と新緑はいつ見ても素晴らしい。


岩峰と新緑がナイス


野バラ

アザミ

山ツツジ

踊子草

三点支持での登り、降り



目の前はヤッホーのこだまが帰ってくる岩峰

ゲレンデは日本書記に出てくる由緒ある「八女津媛山」

午後はトラバース・コースに挑戦


たっぷり汗をかいた後は「グリーンピア八女温泉」。西洋シャクナゲが満開




私のお気に入り、これがほんとの露天風呂の湯船




  


Posted by 良き山に良き友あり at 19:01Comments(0)ハイキング・縦走

2014年05月04日

ピンク色(アケボノツツジ、シャクナゲ、ミツバツツジ)に染まる親父山


 5/3(土) 6/1会山行・阿蘇山の下見。
火山口→砂千里→中岳(1506m)→高岳(1592m)













 砂千里で月の砂漠を篠笛で吹く。オーストラリアから来日していた女性二人がとても喜ぶ。

 仙酔峡のミツバツツジは一分咲き


 温泉は「かんぽの宿」。450円。お勧めです。




移動して親父山登山口近くの「四季見原キャンプ場」(1200m) テント持ち込み代2000円。
素晴らしいロケーション。







 5/4(日) 親父山(1644m)、障子岳(1703m)、黒岳(1578m)、三尖山(1474m)
全山がピンク色に染まっている。アケボノ、シャクナゲ、ミツバの三美人が見事です。
 ミツバツツジ

シャクナゲ                                                                                
アケボノツツジ

 この3つの花が同時に咲き競うのはこの山域だけでしょう。



親父山


コバイケイソウ(小梅勁草)の新芽が鮮やか



祖母・傾縦走路の途中の障子岳に到着

古祖母山

傾山

祖母山

黒岳、三尖はピンクのトンネル

















ピンクの花街道をひたすら楽しみました。










  


Posted by 良き山に良き友あり at 19:59Comments(2)ハイキング・縦走