スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2016年10月11日

霧立越縦走(小川岳、向坂山、白岩山、扇山)

 10月8日、9日の会山行、15名のバス山行でした。九州100名山を3つ登ります。
天気が心配でしたが、晴れ男、晴れ女の力で雨を吹き飛ばしました。
五ヶ瀬スキー場を出発。
 



九州脊梁山地はキノコが多い。シーズンでもある。
 どこにも多いツキヨタケ(毒キノコ)

 ホコリタケ(キツネノチャブクロ) 味噌汁などの具によい。

これはブナハリタケ。炒めものと煮物にしました。キノコご飯にしても美味しい。


小川岳山頂(1542m)


泊まりはいつもの白岩荘。グルメとお酒で盛り上がる。



9日は5時起床、5時半朝食、6時出発と忙しい。
登山口から30分ほどで白岩峠(杉越)。那須の大八や西郷隆盛もここ霧立越を歩いた。



白岩山

アップダウンがほとんどない平坦な登山道が10kmも続きます。

扇山小屋。残念ながら老朽化して使用禁止。

扇山山頂(1652m) 2年前そごう谷を遡行してここに突き上げた。



皆のチームワークで7時間半の山歩きを堪能しました。
九州一のシャクナゲの大群落も有るとのこと、5月頃にまた訪れたいですね。

  


Posted by 良き山に良き友あり at 11:07Comments(0)ハイキング・縦走

2016年09月26日

比良山系・蓬莱山

9月24日(土)、彦根の息子夫婦宅を訪れたついでに琵琶湖
西側の比良山系に登る。昔は神が住むと言われた蓬莱山を目指す。
 志賀駅近くの木戸登山口を7時出発

高度を一気にかせぐがジグザグの九十九折れが100回以上もあるような登山道なので
あまりきつさを感じない。


展望がひらけてくると眼下は琵琶湖


トリカブトなどの高山植物も見られる。


蓬莱山・山頂着(1174m) 遠くに敦賀湾が見える。

次回は登りたい武奈ヶ岳(1214m)

南方は比叡山

山頂一帯は広くてなだらかなので冬場はスキー場、他の季節もいろんなアウトドアの
遊びが楽しめる施設がある。

ゴンドラ山頂駅は内見山(1108m)


半日ハイクでしたが楽しめました。
 ついでに湖東三山の金剛輪寺にお参りする。「血染めの紅葉」で有名。
741年聖武天皇と行基菩薩が開山。






紅葉には早すぎましたが、緑や浄土の雰囲気にひたりました。  


Posted by 良き山に良き友あり at 11:50Comments(0)ハイキング・縦走

2016年02月28日

臥龍梅の三池山

2月28日(日) 晴れ3月下旬の暖かさ。満開の梅の花を楽しみました。CL:高松さん、14名の参加。
日掛登山口の金泉寺(曹洞宗)

緩やかにのぼる登山道


お地蔵様


三池山山頂から小岱山を眺めながらランチ



三池神社。小さな池が三つあります。                                                              


梅の花満開の普光寺に到着。飛梅やしだれ梅が見ごろ。




                             



臥龍梅は三分咲きでした。


自宅近くの初春の花も開き始めました。まずは黄色の「マンサク」


何といっても「福寿草」。仰烏帽子山は3年ぶりに林道開通したそうです。来年は企画しましょう。


ミツマタの花


百花繚乱の季節が近づいてきました。
「楽しみは春の桜に秋の月。夫婦仲良く三度食う飯」 なかなかの境地ですね。  


Posted by 良き山に良き友あり at 20:26Comments(0)ハイキング・縦走

2016年02月08日

立春の鹿児島・栗野岳、開聞岳

 2月6~7日(土日) 会山行 CL:中村素さん、SL:森山さん、19名の参加
栗野岳登山口、日本一の枕木の階段



展望台から階段を見下ろす。


登山道には先日の名残雪が残っていました。



栗野岳山頂(1094m)

360度の大展望。目の前は韓国岳

昼食後の篠笛タイム

下りは秘湯栗野岳温泉・南洲館 を目指す。
                             <
バスで2時間ほど移動し指宿温泉の砂蒸し風呂に入る。太平洋の波の音を聞きながらウトウトする。



10分ほど移動して泊まりはいつもの指宿温泉「くり屋」。値段がリースナブル



お楽しみの宴会。グルメは名物カツオのたたきや黒豚トンカツ、芋焼酎。


7日は5時起床、6時出発。6:30登山開始。

7:30五合目着。日の出が太平洋から上がる。

ひたすら登りが続きます。


展望がひらけ、眼下に枕崎方面の太平洋

菜の花の池田湖

山頂(924m)着。360度の大展望。鹿児島湾、太平洋、池田湖が目の下。
北に少し噴煙を上げる桜島。東は高隅山系、甫与志岳山系。屋久島、種子島は残念ながら見えなかった。                      
椿さんが今回で九州100名山完登でした。また中村素さんが会山行300会達成でした。
おめでとうございます。



13:30登山口に下山。朝はよく見えなかったのですが寒緋桜が満開でした。



見どころ、楽しみどころ満載の山旅でした。皆さんお疲れ様でした。

  


Posted by 良き山に良き友あり at 11:15Comments(0)ハイキング・縦走

2016年02月02日

九州オルレ・高良山コース

1月31日(日) 会山行 CL:中村素さん、33名の参加。
小春日和の穏やかな1日でした。
 スタートはJR久留米大学駅。青い馬の標識、顔の向きが進行方向。


青い矢印の方向が順路、赤い矢印が逆方向

夫婦榊と愛のさざんか


孟宗金明竹の林

奥ノ院

菖蒲池に上がる。

森林公園で一休み。

キノコ博士の金子さんに教えていただき茸を収穫。
 定番のキクラゲ。中華料理、炒めもの、酢の物に良い。

これも良く見かけるヒラタケ。鍋もの、スープ、天ぷら、炒めもの、キノコご飯などどんな料理にもよい。

ヒラタケの大きいものは一つが数十センチにもなる。これは25cm。

次はエノキタケ。ぬめりが強く、歯触りが良い。味噌汁やあえ物など多くの和風料理にあう。

エニキタケは別名ナメコとも言います。幼い時は傘は半球状でコロコロしている。
ナメコ汁などで有名。

森林公園を出発して尾根道をたどります。昔ここを歩いて詠んだ夏目漱石の句碑


高良大社で昼食後、吉見嶽コース経由で妙見神社に下る。



すぐ下の500羅漢像


王子池に下ると池の周囲にはたくさんのガマガエル(大きさ10~20cm)が
いました。初めて見る光景でした。

動乱蜂花火で有名な王子宮



終点のJR御井駅に13:45到着。自然や史跡をたっぷり楽しめました。




  


Posted by 良き山に良き友あり at 11:53Comments(0)ハイキング・縦走

2016年01月11日

新年登山、熊本県和水町八の神様初詣

  1月10日(日) 初詣の新年登山 54名の申込み。
大型バスで和水町(なごみまち)を訪れました。
穏やかな新春の一日でした。
 三加和温泉に到着。平山温泉の隣です。




 温泉スタートで歩き出します。1番目は目の神様

 2番目はイボの神様



 3番目は胃の神様


 4番目は腰の神様。なかなかリアルでした。




 5番目は歯の神様


 6番目は命の神様。地元の方から無農薬のお米のプレゼントをもらいました。


 時間の都合で7番目の耳の神様はパスして最後の8番目の手足の神様にお参り。


 入湯、昼食は源泉かけ流し、ツルツルの三加和温泉、400円也

 帰りは立花町ワイン工場で生キウイワインの試飲、八女伝統工芸館の見学など楽しむ。



 久留米16:00帰着後、松竹で新年会。大いに盛り上がりました。  


Posted by 良き山に良き友あり at 17:37Comments(4)ハイキング・縦走

2015年12月07日

鶴見岳

12月6日(日) 会山行 CL:平川さん、13名の参加。
登山口は火男火売神社



標高差700mを一気に登ります。その名も一気登山道。




ロープウェイ駅着


鶴見岳山頂(1375m)でランチ



九重連山を珍しく北方から眺める。右から三股、久住、大船、黒岳。なかなか分かりにくかった。

縦走路を馬の背まで行き、そこから下る。



南平台から鶴見岳、眼下は城島後楽園


キノコがありました。ヒラタケは古い。ムキタケはOK.お土産ができました。



踊石。一回りするとご利益があるそうです。

温泉は「七色の風」600円。洗い場のお湯はぬるくて、出も悪く、女湯の方が特にひどかった。残念。



  


Posted by 良き山に良き友あり at 20:02Comments(2)ハイキング・縦走

2015年11月23日

古代歴史の山、基山

11月22日 会山行 CL:農崎さん、17名の参加。
 暖かく、穏やかな秋晴れの一日でした。
老松神社でストレッチ。明日が秋のお祭りということで
きれいに掃除や準備がしてありました。

大和朝廷は663年白村江で唐、新羅の連合軍に敗れました。次は大宰府に攻めてくる
だろうということで、665年に守備固めに水城、四王寺城、基山城を築きました。
基山全体が国指定の特別史跡になっています。
1350年前に築かれた水門。



東南門コースを登る。食糧庫や武器庫の大きな礎石があちこちに残っている。

ニガクリタケ(毒あり)がたくさん。クリタケ(茶色、食用)に似ているがレモン色から硫黄色。

高い所にヒラタケ

大礎石群を抜けて尾根に上がる。ススキの原


山頂到着




昼食とお昼寝をゆっくり楽しんだ後は、草スキー場経由で下山。サザンカが満開。


本福寺の石仏群


五重の塔、本殿


紫式部、紅葉、椿などを楽しみながら基山駅に戻ってきました。



近くには、大興禅寺や龍光徳寺などもあります。

  


Posted by 良き山に良き友あり at 12:50Comments(0)ハイキング・縦走

2015年11月10日

山口県・竜王山

11月8日(日) 久留米地区協・交流登山 総勢43名で盛況でした。
川棚温泉近くの登山口


海抜0mからひたすら急坂を上ります。

5合目

一昨年、同じ地区協企画で登った鬼ガ城への分岐

竜王山・山頂(613m) ここでお昼。
眼下に海が見える。北は日本海、西は下関海峡、南は瀬戸内海                                              



自然歩道の縦走路を歩く。瓜肌カエデの紅葉、ガマガエルも登場。


怪しげな雲行きでしたが、雨はぱらついた程度

鋤尖山

紫式部が少し残ってた


深坂ため池には渡り鳥の白鳥がたくさんいました。


来年11月に県連設立50周年記念式典が星野村・池の山キャンプ場で実施されるそうです。
久留米地区協の皆さんに協力依頼の呼びかけがバスの中でありました。
  


Posted by 良き山に良き友あり at 09:26Comments(0)ハイキング・縦走

2015年11月04日

キノコ狩り・大国見岳

来年、きのこ山行を企画したいなと思って下見に行ってきました。
はさみ、ナイフ、きのこ図鑑は必需品。

樅木登山口をスタート。

川辺川をつめていきます。

ネノコヤ谷に入る。



ムキタケがたくさん。薄皮がめくれやすいのでその名がついている。鍋料理やシチューに良い。
手軽に味噌汁に入れても良い。ヒラタケみたい。




川辺川源流の雰囲気、なかなか良い。





サルノコシカケやカワラタケ。どちらも薬用


縦走路に上がる。


マイタケだけど古い。8~9月が収穫期。

山頂着。


下りは青岩尾根コース。乾燥していてキノコはダメでしたが紅葉と地図読みを楽しめた。





林道着


昔に比べるとキノコの種類や数も大幅に減っている。原因は鹿が異常に増えたり、
立ち入る人間が増えたからでしょうか?
 キノコ山行は少人数(3~5名)向きですね。会山行にはあまり向いてないかもしれません。  


Posted by 良き山に良き友あり at 13:53Comments(0)ハイキング・縦走

2015年10月17日

紅葉真っ盛りの国見岳(1739m)

通称「大国見岳(おおぐるみだけ)」とも呼んでいます。わたしの大好きな山の一つです。
以前は会山行を毎年実施していましたが、10年ほど前に災害で
内大臣林道が何か所もの崖崩れで通行不可となり、長い間
通行禁止でした。ようやく数年前に復旧したとのことで偵察に
行ってきました。
 懐かしい内大臣橋。県連登山学校でよく集合場所になっていました。

橋を渡り、少し行って二股の右の道に入ります。また少し行って、X形の十字路を左折します。
昔ここを良く間違えました。
                              車両通行止めとなっているが広河原登山口までいけるようになった。                

内大臣林道15kmの内、舗装部分3km、砂利道12km(内悪路3km)で低速10km/hで
行かねばならない所もあり40分ほどかかる。
 昔、西の内谷遡行のキャンプ地として良く使った営林署小屋跡

広河原のキャンプ場

ようやく、国見岳広河原登山口着



いきなり急登だが、紅葉真っ盛りできつさが気にならない。





このあと小谷をいくつも渡るトラバースコース。夏には小さなサンショウウオも見られる。
                             




稜線の平家山の分岐

山頂まであと30分

山頂近くの杉の木谷登山口への分岐

祠の山頂到着



快晴で360度の大展望。まずは真北の阿蘇、久住

北東方面の祖母、傾

東は霧立越え(向坂、白岩、扇山)

東南の市房、石堂

南に続く縦走路の小国見、五勇、烏帽子

その南の上福根

はるか西の雲仙

すぐ西側は平家、京ノ丈、大金峰、小金峰

いろんな山当てを楽しんだ後、杉の木谷コース(大部分なだらか)を下る





杉の木谷登山口着。ここから歩いて15分林道を下ると広河原登山口。
両登山口の間を現在復旧工事中のため車は途中で通行禁止。来年3月までには椎矢峠まで
開通するのでは?




周囲の山々は全山紅葉真っ盛りでした。                                                               
来年度の会山行から復活できそうです。
ちなみに所要時間は
往路アクセス3時間+登山口~国見岳3時間+下山3時間弱+復路アクセス3時間=12時間  


Posted by 良き山に良き友あり at 21:36Comments(0)ハイキング・縦走

2015年10月05日

九州の剱岳・国東半島の鋸山

 10月4日(日) 久し振りのバス会山行。CL:石橋さん、参加者21名。
さわやかな秋晴れです。鋸山(542m)縦走は切れた岩場が続き、
油断がならないコースです。過去に転落死亡事故も発生しています。
 まず大観峰を目指す。

クライミングボードのような岩峰や岩壁が多い。                                                         





大観峰(阿蘇と同じ呼び名)。ピークの東側は100mほど切れている。

引き返して八方岳に登る。


少し早いけどお昼。別府湾、瀬戸内海、国東半島の山々、耶馬渓方面の山々が360度見渡せる。

この後、ノコギリ尾根の縦走。アップダウンがかなり続く。事故多発の注意書き



紅葉にはまだ早いけど、少しナナカマドが色付いていた。野菊が満開


                            
 
三点支持の練習をたっぷり楽しんだ?あと、ようやく熊野磨崖仏への分岐に到着。

裏口から入ることになりますが、拝観料200円也


1000年ほど前に岩壁に彫られた磨崖仏

楽しみの温泉は近くの山香温泉「風の郷」。施設はきれいで泉質も良い。(塩分を含む硫黄泉)
料金は500円。



久し振りに顔を合わせた方もいて、楽しい一日でした。








  


Posted by 良き山に良き友あり at 12:03Comments(2)ハイキング・縦走

2015年08月12日

八ヶ岳連峰縦走

8月9,10,11日、晴天に恵まれた会山行。CL:内村さん、SL:池田さん。
11名のチームワークで大展望、お花畑、岩峰を楽しみました。
唐沢鉱泉入り口

桜平から歩き出す。カラマツの林は気持ちが良い。


今日の宿、オウレン小屋到着。雰囲気が良い。



10日朝6時出発

夏沢峠の山小屋。                                                                           

晴天の中、素晴らしい縦走の開始。ワクワクします。
トウヤクリンドウが多い。

ウメバチソウ

硫黄岳への登り



硫黄岳北側の噴火口

硫黄岳(2760m)山頂、天狗岳方面

これから目指す、大同心、横岳、赤岳、阿弥陀岳



横岳への縦走路。コマクサの大群落


岩峰の鎖場も有り油断がならない。登山者は若者が多い。また中高年はヘルメットを                                   被っている人が結構いた。                                                                       
                              チシマギキョウ(八ヶ岳のものは花が開かない)

ゴゼンタチバナ

ダイモンジソウ                                                                                
キンバイ

ウスユキソウ(エーデルワイスの仲間)

横岳(2829m)山頂


ナデシコ                                                                                                              
シオガマ

赤岳への縦走路


イブキジャコウソウ




地蔵の頭

最後の急登

赤岳頂上小屋。清潔でとーっても雰囲気が良い。今日はここに泊まります。

50mほど歩くと赤岳山頂(2899m) 大展望が楽しめます。残念ながら富士山は雲で
見えなかった。

 ここで電池切れ、残念。おまけに充電器も忘れてた。
しかしこの夏は、皆さんのおかげで充実した中央夏山縦走を堪能できました。




      


  


Posted by 良き山に良き友あり at 12:00Comments(1)ハイキング・縦走

2015年07月28日

伊吹山(日本百名山、滋賀県)

7月26日(日)、滋賀県・彦根の息子夫婦宅を訪れる。せっかくなので花の伊吹山に登る。
朝3:30起床、5:00登山開始。イブキの名がつく高山植物は多い。




1合目はハングライダーの発着地



伊吹山はどっしりとした山容


キスゲの群落



白山フーロ



イブキジャコウソウ

ホタルフクロ


シモツケソウ

クガイソウ

イブキトラノオ




キンバイ


ナデシコ                                                                                 
ウツボグサ

山頂到着(1377m)、若者から中高年まで登山者がとっても多い。走り屋さんの
トレイルランも沢山いる。久留米の高良山、福岡の宝満山のように地元のトレーニングの山です。




オタカラコウ

ルリトラノオ

シシウド

琵琶湖を見下ろし、琵琶湖周航の篠笛を吹く。

白山や穂高・槍ガ岳を遠望


往復6時間、樹林帯が少なく、10時過ぎからは高温多湿となりバテル人もいました。



                                   
たっぷり汗を流した後は登山口近くの伊吹薬草湯(600円)。疲れがすっきりとれました。
  


Posted by 良き山に良き友あり at 19:29Comments(3)ハイキング・縦走

2015年07月12日

黒岳縦走

7月12日(日) B健バス山行 CL:山崎好さん、参加者14名
不安定な天候のため、縦走からピストンに変更。
 男池の湧水とブナの巨木



 かくし水湧水、水温14度とっても冷たい。


ソババッケ(ソバ畑)は雨で湿地になってた。



破れ傘の向こうの岩場から冷気が流れてくる。風穴です。


黄花ホトギス


ヤマアジサイ



風穴到着。風穴の中に入ると氷が沢山ありました。昔夏場には竹田城主に献上してたそうです。



コバイケイソウの花や、気の早いナナカマドの紅葉



湿地帯を渡る。

初めて見ました。ツチアケビ(被子植物だが葉緑体を失った珍しい植物)の花。
実は赤くてウインナーそっくり。


時間がとれたので温泉に入りました。松田さんお勧めの筌の口温泉。鉄分が多くて黄土色を
している。共同風呂は200円。隣の旅館の露天風呂は野趣豊かで500円。大満足。








梅雨空、小雨の中原生林の山歩きをエンジョイしました。





  


Posted by 良き山に良き友あり at 20:10Comments(0)ハイキング・縦走

2015年06月07日

竃門神社~愛嶽山~羅漢道~宝満山~うさぎ道縦走

 6月7日(日) 会山行 CL:青柳さん、SL:平川さん、15名の参加。
梅雨入り後ですが涼しい山行でした。
 カマド神社のアジサイ。鹿は五家荘・樅木の平家の里からやってきました。






愛嶽神社(おだけじんじゃ、439m)に向かいます。




鳥追峠(現場の地図は鳥越峠となっていた)



行者道を登る


中宮跡


すぐ先から羅漢道に入る


石仏がたくさん



スラブを覆う苔にギボウシの大群落(花の時期が楽しみ)

遠望の岩場。山ツツジが満開






コガクウツギ

ヤマアジサイのつぼみ

立浪草

三郡山に向かう

アマドコロと仏頂山


モミの木の縦走路でランチ。虹の会の演奏付きでした。


うさぎ道を下る。


アオキの赤い実

北谷のタラノメ平やクレソン沢



 中央夏山に向けてのテスト山行、皆さん堪能しました。  


Posted by 良き山に良き友あり at 20:15Comments(2)ハイキング・縦走

2015年05月31日

雲仙・九千部岳

5・31(日) 会山行 ミヤマキリシマとヤマボウシの九千部岳(1062m)
CL:矢次さん、SL:松本紀さん、参加者16名のバス山行
田代原キャンプ場

オレンジ色の山ツツジが満開


真っ白なエゴの木も多い


吹越登山口。長崎県の高校山岳部が2校来ていました。ここ5年間で全国の高校山岳部員は
7000人から1万人へと増加しているそうです。ヤマボーイ、ヤマガールの影響が大きい
そうです。                                                                                


アマドコロの花もたくさん

コガクウツギも多い

ミヤマキリシマは標高が低いので散りはじめ



山頂です。普賢岳、平成新山を望む。



涼しい中のランチ

下山の岩場は慎重に下る。

花イカダは花の時期は終わり、緑色の小さな実がついていた。珍しい植物で葉の真ん中の
葉脈から白い小さな花が咲き、それが実となります。


薫風の中、花や、緑、鳥の声(カッコー、ホトトギス、ウグイス、オオルリなど)を楽しめました。

  


Posted by 良き山に良き友あり at 20:11Comments(0)ハイキング・縦走

2015年05月04日

木山内岳(大崩山系)

5/3,4(日、月) 会山行 CL:伊藤さん、SL:椿さん、合計10名の参加。
三美人の花(アケボノツツジ、シャクナゲ、ミツバツツジ)に会うために
大崩山を望む木山内岳(1401m)に登りました。
 テント場は佐伯市の宇目オートキャンプ場






椿シェフ指導による楽しい夕食の準備中。



美味しい料理やお酒に楽しい話をたっぷり楽しみました。
翌朝は5時起床、6時半出発。

藤河内渓谷に向けて出発。新緑が目に鮮やか


夏の沢登りなら最高の観音滝の沢。4年前に楽しんだ所。



落差100mの観音滝。花崗岩の垂直の壁を水が花弁のように落下してくる。





観音滝上流の沢の原生林も素晴らしい。ヒメシャラやナナカマドが多い。




喜平越に到着。大崩山が目の前

                             
木山内岳への登り。まずシャクナゲがご挨拶

女王のアケボノツツジ

ミツバツツジも負けていません。

花のトンネルです。


木山内岳から大崩の大展望


楽しみの温泉は藤河内「湯-とぴあ」。 420円也。雰囲気がとっても良い。

大満足の山行でした。次は沢登りにしましょうか。



  


Posted by 良き山に良き友あり at 22:16Comments(0)ハイキング・縦走

2015年04月27日

上福根山(みどる登山学校)

4/25,26(土、日) 新緑、展望、花の山々を楽しみました。
受講生のやる気と熱意に講師陣も頑張りました。
 縦走路に上がり、コンパスのセット。

市房山の縦走路が望める。最近みどるはご無沙汰ですね。

 ブナの新芽

コバイケイソウ(小梅勁草)の大群落。花期は6月


七遍巡に到着しました。

地図読みの練習。道なき道をを下ります。


テント場に着きました。皆で手分けしてテントやツェルトの設営


川辺川源流の原生林を周遊



大小のドリーネ(石灰岩が溶けて落とし穴になっている)が沢山あります。

一人静か

オオカメノキの白い花も多い。

ブナ、モミ、ヒメシャラ、シオジの原生林の中をブラブラ歩く。



テン場に戻り、焚き火と飯盒炊飯の練習。着火剤は少々のガムテープ。米は無洗米


焚き火は遠赤外線でふんわりと暖かい。お酒や、踊りや山の歌を堪能しました。
早寝早起きで5時起床、6:30出発。

山犬切峠はコバイケイソウ、ヤマシャクヤク、トリカブトの大群落


上福根山に近づくと予想外にシャクヤクの花が歓迎してくれた。



山頂からの大展望。遠くに霧島連峰


ミツバツツジが開き始め。黄色のクロモジも多い



トリカブトの大群落。花期は7月頃

山シャクヤクの花は大きな蕾ばかり。あきらめていたら七辺巡りに咲いていました。感激。




満足、満足。




皆さんと心行くまで山を楽しめました。





  


Posted by 良き山に良き友あり at 17:59Comments(2)ハイキング・縦走

2015年04月01日

早春の九州脊梁山地・山犬切、水上越

 4月末のみどる登山学校の偵察も兼ねて、お気に入りの
脊梁の山々を歩いてきました。
人吉から山手の道に入るとある北嶽神社。その昔
宮本武蔵がヒヒ(大猿)を退治したことで有名。


左右には狛犬ではなく、狛猿が鎮座している。


モクレンや桜が満開


登山口は泉五木トンネル

高塚山への縦走路分岐

石楠越~石楠山~南山犬切。ここらは昔、山犬(狼)が多かったそうです。



コバイケイソウの新芽がたくさん出ている

山シャクヤクの赤紫色の新芽も多い。

七遍巡でお昼。20年ほど前は辺り一面スズタケに覆われとても歩きにくく、道迷い
しやすいところだった。地名は7回(何回も)同じ所に戻るに由来する。今は鹿が
スズタケを食べ尽くしてしまったので道迷いの恐れは減った。                                                  

トリカブトの新芽も多い。

山犬切峠に向かう


テント場へ向かう途中の残雪。

原生林を散歩した後、テント設営とカマドの準備やマキ集め。結構楽しいものです。


飯ごうでご飯を炊く。無洗米使用、水は川辺川源流の水で美味しい。おかずはホイル焼き


焚き火と笛とお酒を楽しんでます。


翌日は源流の沢を登り、水上越へ向かう。

コバイケイソウ

ブナ、モミ、ヒメシャラなどの原生林




ドリーネ(石灰岩が溶けて落とし穴状になっている窪地)もたくさんある。

水上越。昔は球磨川源流からもここに良く上がってきていました。岩峰から源流や
高塚山方面を眺める。


横才山への縦走路。コバイケイソウの新芽の大群落、ヤマシャクヤク、トリカブトの新芽の
大群落が延々と続く。花の時期が楽しみ。



下りは別な小沢を下る。残雪もところどころ。


下山後のしめの温泉は人吉・相良町の「茶湯里」。珍しい桜か花桃?ポプラ状の枝に花が満開。



 早春の花と新芽の山旅でした。

  


Posted by 良き山に良き友あり at 10:28Comments(0)ハイキング・縦走